WGメンバーの紹介

大学院生

修士課程および博士課程で研究を行っている学生です。

氏名所属学年研究内容
伊藤ゆり電気通信大学修士課程1年あらせ衛星,全天カメラ,EISCATレーダーによる脈動オーロラの磁気共役同時観測
近藤 大泰東北大学修士課程1年南極点可視カメラ装置開発
吉野 富士香東北大学修士課程1年惑星観測装置の開発
安福 友梨東北大学修士課程2年Arase衛星によるoff-equatorでのUHR周波数変動に同期したコーラス放射変動の解析
加藤 正久京都大学修士課程2年月面から放出される光電子とAuger 電子による月面電位の観測
風間 暁東北大学修士課程2年赤外線帯を使用した火星観測
矢倉 昌也名古屋大学修士課程2年太陽フレア中の粒子加速
安田 陸人東北大学修士課程2年氷衛星環境のレーダー探査に向けた電波伝搬シミュレーション
斎藤 幸碩東北大学博士課程1年惑星磁気圏における分散性Alfven波によるAlfvenic加速の理論的解明
高山 久美九州大学博士課程1年準6日波に着目した大気圏-電離圏結合の解明
林 萌英九州大学博士課程1年地上多点電磁場観測による、サブストームに伴う全球磁気圏電離圏結合の解明
樋口 颯人九州大学博士課程1年オーロラ電子加速機構を始めとした磁気圏-電離圏結合系シミュレーション
村瀬 清華総研大博士課程2年オーロラ活動に関連した高エネルギー粒子降下
葉柴 隆斗北海道大学/JAXA連携大学院修士課程3年観測ロケット搭載用イオンドリフト速度測定器の開発
鈴木 雄大東京大学博士課程3年水星・彗星の希薄大気の力学および表面組成との関係性の解明
惣宇利 卓弥名古屋大学博士課程3年GNSS受信機網を用いた磁気嵐時における全球電離圏応答に関する研究
吉田 奈央東北大学博士課程3年火星における均質圏界面高度とそれに伴う大気組成の変動
滑川 拓東京大学/宇宙科学研究所博士課程4年プラズマ粒子観測機器の開発とデータ解析

ポスドク・助教など

博士号を取得後、独自の研究を行っています。

氏名所属職種研究内容
北原 理弘東北大学助教宇宙プラズマ物理学(科学衛星の観測データ解析)
中村 紗都子京都大学研究員プラズマ波動・GIC
大塚 史子九州大学研究員高エネルギー粒子の拡散・加速
北 元東北工業大学講師木星磁気圏・電離圏
北村 成寿名古屋大学研究員地球磁気圏・プラズマ波動・大気流出
神山 徹産業技術総合研究所主任研究員金星探査あかつきを使った金星大気の研究
堺 正太朗東北大学助教惑星電離圏・磁気圏、非磁化天体ー太陽風相互作用
坂口 歌織情報通信研究機構研究員オーロラ・地磁気・放射線帯
佐藤 由佳日本工業大学講師オーロラ電波、プラズマ波動
田所 裕康千葉経済大学准教授地球・土星磁気圏、氷衛星大気
原 拓也カリフォルニア大学
バークレー校(アメリカ)
研究員火星上層プラズマ-太陽風相互作用
藤本 晶子九州工業大学助教磁場・電離圏観測、赤道地磁気現象
吹澤 瑞貴国立極地研究所特任研究員脈動オーロラ、プラズマ波動
加藤 千恵九州大学助教古地磁気学・岩石磁気学