出前授業報告Vol. 16

投稿日:

2014年7月27日 札幌市青少年科学館

  • タイトル: 「教えてはかせ!サイエンストークショー」と「はかせと実験!体験コーナー」

  • 講演者: 堺 正太朗(カンザス大・博士研究員)、内野 宏俊(京大・D1)、佐藤 由佳(極地研・特任研究員)、田所 裕康(東京工科大・助教)、中村 紗都子(京大・D2)、木原 大城(高知工科大・M2)、幸野 淑子(京大・M2)
    共同実施者:三上 峻(北大・D1)、宮澤 淳次(北大・D1)、今井 正堯(北大・M2)、三原 正大(北大・M2)、渡辺 健介(北大・M2)、大西 翔太(北大・M1)、川原 健史(北大・M1)、村橋 究理基(北大・M1)

  • 参加人数: 約150名(小学生・幼児及びその保護者)

  • 講演時間: 4時間(13:00-17:00)

北海道札幌市にある札幌市青少年科学館にて出前実験を実施しました。今回は「教えてはかせ!サイエンストークショー」と「はかせと実験!体験コーナー」の2本立てで行いました。サイエンストークショーでは「太陽と惑星」、「オーロラ」、「惑星観測」をテーマに、講師の大学院生と子ども達の間で活発なやり取りが行われました。体験コーナーでは「雷実験」、「大気圧実験」、「手作りウェーブマシーン」とタイトルを付け、皆さんに身近な宇宙・地球科学のコンテンツを用意しました。およそ150名の方々にご来場頂き、講演や体験を楽しんで頂けました。札幌市青少年科学館の樋山様には準備段階から当日まで、広報の面などを含めて大変お世話になりました。この場をお借りして御礼申し上げます。本イベントは Asia Oceania Geosciences Socity (AOGS)、札幌市青少年科学館、北海道大学惑星宇宙グループとの共催で行いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です