出前授業報告Vol. 21

投稿日:

2016年6月18日 角田市スペースタワー・コスモハウス

  • タイトル: 「電波をキャッチ!ラジオを作って電波星を探そう」

  • 講演者:北元(東北大・研究員)、北原理弘(東北大・D3)、高見康介(東北大・M2)、田所裕康(武蔵野大・講師)

  • 共同実施者:近藤裕菜(東北大・M2)、寺田綱一朗(東北大・M1)、石ヶ谷侑季(東北大・M1)、三澤浩昭(東北大・准教授)

  • 参加人数: 40名×2 (小学生と保護者)

  • 講演時間: 10:00-12:00、13:30-15:30

宮城県・角田市スペースタワーコスモハウスからの依頼で、小学生親子15組相手の実験型の授業を実施しました。今回はラジオ工作と、惑星模型を使用した体験型の展示を用意しました。授業は午前と午後の2回行い、それぞれ約20組の親子が参加しました。ラジオは増幅器付のもので、小学生には少し難しかったかもしれませんが、みんな熱心に作っていました。角田周辺にラジオの基地局が無かったので、実際にラジオが聞こえませんでしたが、惑星模型を使った電波星探しには夢中になっていたようでした。その他にも電波を出す身近な機械を探すなど、電波に対して興味を持ってくれたように思います。

角田市スペースタワーコスモハウスの安達様には予約受付から当日の準備まで大変お世話になりました。この場をお借りして御礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。