出前授業報告Vol. 22

投稿日:

2016年8月7日 国立女性教育会館

  • タイトル: 「作って・見て・測って知る、地球と宇宙の『波』のふしぎ」

  • 講演者:内野宏俊(京大・D3), 北原理弘(東北大・D3), 高見康介(東北大・M2), 宍戸美日(東北大・M2), 疋田伶奈(東大・M2), 長妻努(情報通信研究機構・マネージャー)

  • 参加人数: 5名

  • 講演時間:  2時間30分(9:00-11:30)

国立女性教育会館主催の「女子中高生夏の学校2016 ~科学・技術・人との出会い~ 」のサイエンスアドベンチャーI「ミニ科学者になろう」の実験・実習の講師として参加いたしました。5名の女子中高生が私たちの実験・実習に参加してくれました。私たちは、ストローとゴムひもによるウェーブマシーンの作成を行い、さまざまな実験を行いました。その実験を通して、実験・観測・考察の方法を学び、「波とはなにか・どのような性質を持つか」について理解を深めていただきました。授業後半では、波の性質を学んだ上で、その性質を活かして波が実生活でどのように利用されているかを紹介いたしました。さらに、波の理解が私たちの研究でどのように役立つか、波が宇宙空間ではどのような現象として現れるのかを解説しました。単純な実験で波の性質を確認できることや、宇宙空間における具体的な波の現象の紹介は、彼女たちにとってとても新鮮であったようです。

国立女性教育会館の皆様には、準備段階から大変お世話になりました。この場をお借りして御礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。