出前授業報告Vol.41

2021年10月31日

オンライン

SGEPSS 秋学会アウトリーチ 一般公開イベント

・タイトル: 秋の星空探検隊  ~星座盤と旅に出よう~

・講演者: 吹澤瑞貴 (東北大学・博士3年),川村美季 (東北大学・修士2年),風間暁 (東北大学・修士1年), 安田陸人 (東北大学・修士1年), 安福友梨 (東北大学・修士1年), 堺正太朗 (東北大学・助教)

・参加人数: 10人(小学生)

・講演時間: 1時間 x2  (10:30-11:30, 13:00-14:00)

地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS)主催 地球電磁気・地球惑星圏学会2021年一般公開イベント「はかせがナビゲート!宇宙・惑星・地球のふしぎ」にて博士と実験!実験Bブースに「秋の星空探検隊 ~星座盤と旅に出よう~」と題して参加しました。


講演は前後半の2部構成で行い、工作と説明を織り交ぜて進めていきました。


前半ではまず、当日の夜に見える星座とそれらの星座にまつわるお話を夜空の画像とイラストを用いて紹介しました。秋の夜空は、明るい星が少なく一見地味なイメージがありますが、そんな星たちによって紡がれる素敵な物語を聞いている子供たちの笑顔はみているだけで癒されました。その後の星座盤工作は、工作要素の少ないものを用意したため、小学一年生の子供でもスムーズに、楽しく工作を行ってくれました。完成した星座早見表をくるくる回して、ご両親と一緒になって遊んでくれていただけて良かったです。


後半では初めに、映像を用いて惑星の特徴の紹介をしました。動画を利用したことで興味を持ってもらえたのですが、オンラインイベントであったためいつも以上に相互コミュニケーションを取れるよう工夫した方が良かったという反省も得られました。最後の惑星の位置にシールを貼ってもらう作業では、できたものを嬉しそうにカメラに向かって見せてくれたのが印象的でした。この作業で、惑星の動きの複雑さと面白さを感じていただけたかなと思っています。


午前・午後ともに参加していただいた子供たちと親御さんの協力により、非常に楽しい時間を過ごすことができました。


最後に、オンライン開催にもかかわらず、本イベントを滞りなく計画・運営してくださったSGEPSSアウトリーチ部会実行委員の皆様、この場を借りて御礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。