出前授業報告Vol.33

2019年10月27日

熊本博物館

SGEPSS一般公開イベント

・タイトル:「光のフシギをしらべよう!」

・講演者:高見康介 (東北大・博士3年), 吉田奈央 (東北大・修士2年),  (東北大・博士1年), 大塚史子 (久留米高専・講師)

・参加人数:73名

・講演時間:5時間 (10:00-15:00)

 STEPLEが所属している地球電磁気・地球惑星圏学会の一般公開イベント「科学実験で宇宙・惑星・地球の不思議を体験しよう!」(http://www.sgepss.org/sgepss/fallmeeting/FM2019/LOC2019/outreach.html)に「光のフシギをしらべよう!」というタイトルで分光器の工作・実験を行いました。
分光器は今年の第7回はやぶさまつり(http://sgepss.org/steple/demaelecreport-vol-31/)でも使用したもので台紙から切り取って箱を作るだけの簡単なもので、小さな子供でもしっかり作ることが出来ました。完成した分光器で蛍光灯を分光すると綺麗に色に別れることに驚いていました。色可変のLEDを使った光の三原色を学ぶ実験では、興味深そうに観察していました。

[写真1] 分光器製作風景
[写真2] 分光器製作風景
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。